FC2ブログ

奇跡は続いている・・・

7月の呼吸停止から3ヶ月・・・

奇跡の復活を果たし、
Weedy(ウィーディー)は私たちにたくさんの幸せをくれた。

そして、その奇跡は今も続いている・・・

生きる強さ、命の強さを教えてくれながら
幸せを与え続けてくれているWeedy・・・


100809-1


外で洗車する夫をドア越しに監視。
元気な頃はドアの前に座って夫をたまに呼んでみたりしてたね。


100809-2


ずいぶん穏やかなお顔になってきた気がします。


そして、何よりうれしいのが・・・・・


なんと、Weedy・・・・・


100809-3


自分でしっかりと
ゴハンが食べられるようになりました!



ああ、やっぱり・・・
奇跡は続いていたのです!!!

たくさんの皆さんが応援してくれた、祈ってくれたおかげです。

本当にどうもありがとうございます。


100809-4


もう、うれしくて、うれしくて・・・

これで強制給餌からサヨナラできるね。

これで発作や急な呼吸困難を起こす確立が少し減ったよね。


100809-5


仕事から戻り、恐る恐るドアを開けると・・・

ただいま。

よかった・・・
そこにいてくれた・・・

今日もこのまま穏やかに一日を終えることが出来ますように・・・
そして、また明日、素晴らしい朝を迎えることが出来ますように・・・





自分でゴハンを食べてくれる・・・
本当に、本当に、うれしいことです。

Pedialyte(ペディアライト)という子供に嘔吐や下痢の症状が出たとき
水分補給して脱水を防ぐ子供用イオン飲料のようなものがあるのですが
獣医さんに相談の上、点滴のできないWeedyに昨日はそれを飲ませてみました。
猫用ミルクと水で割ってみたら自分で飲んでくれました!よかった~。

お腹がペコペコのまま・・・
喉がカラカラのまま・・・

旅立たせることだけは絶対にしたくなかったのです。

でもそんな私の思いにWeedyは
『まだまだ生きるのに、何言ってるの???』
って怒ってるかもしれないね!


今日は首もしっかり上げられるようになり
やはり『低カリウム血症』だったのかもしれません。

『薬』のせいで、Weedyは苦しんだけれど
『薬』のおかげで、咳も腹水もむくみも治まっています。

5日前から投薬は中止しています。

ゴハンや水分を取り出し、
これからまた肺やお腹、足に水がたまってしまうのかも・・・

怖いお薬ですが、きっと投薬しなければ
また違う苦しみがWeedyを襲うのかもしれません・・・


動物病院の方々には血液検査も通院もすべて拒否しているのに・・・
それなのに、いろいろな相談にのってもらっていて、本当に感謝です。
検査で数字も出ていない、診察もしていない。
確定診断が出来ない状況で、ただ私が話す症状に対しての投薬は
訴訟の多いこの国では絶対にないことではないかと思います。
それでも私の気持ちを分かって下さり、手助けしてくださる・・・
本当にありがとう。



とりあえず今はたくさん食べて体力をつけて・・・


まだまだ、一緒にいようね、Weedy。



いつも温かなコメント、メッセージ
応援をどうもありがとうございます。
本当に、感謝しています。

そして一緒に祈ってくださる皆様、
本当に、どうもありがとう。

きちんとお返事できずに、ごめんなさい。

スポンサーサイト