FC2ブログ

捨てないで!

日本にいる母が
慣れぬPC操作に奮闘しながら
1枚の写真を送ってくれました。


061810-1


ボケボケの子猫ちゃんだけど・・・
2時間かけて送ってくれた写真~。笑

このかわい子ちゃん、母の友人、Kさん宅の新しい家族だそうです。

こちらは携帯で撮った写真。
むふふ、かわいい~♪


061810-2 061810-3


ミーヤちゃんと名づけられたこの子、
捨て猫でした。


とある公園に兄妹と一緒に4匹、箱に入って捨てられていた所を
Kさんの隣の家の方が連れて帰ってきたそうです。

兄妹もみんなそれぞれ、全員拾われていったそう・・・


Kさんは1年半前に飼い猫のトラちゃんを亡くしています。

22歳の大往生!!!

また猫と一緒に暮らしたいな、と思っていて
ご近所でもそんな話をしていたよう・・・

それを覚えていた隣人がミーヤちゃんを運んでくれました。


061810-4


Kさんの家族になれたミーヤちゃんや
拾われていった兄妹たちは本当にラッキーな子たちだったと思います。

ミーヤちゃんはとてもヒトに慣れているそうです。

ということは、きっとニンゲンと一緒に暮らしていたのですよね・・・


061810-5


どんな事情があってこのかわいい盛りの子猫たちを箱に入れ、
公園においておいたのかは知りません。


もしかしたら野良猫さんが自分の家の庭に子供を生んで
優しさから、離乳が済むまで待ってくれたのかもしれません。

でもその優しさがあったら、里親さんを探してあげて下さい。


ご自宅でかわいがっている猫さんがかわいい子猫を生んだのかもしれません。
お母さん猫のお乳を吸い、懸命に生きる姿
かわいかったことでしょう。

でもそのかわいい命を捨てたりなどしないでください。

去勢避妊手術をすることによって、不幸な子猫を増やすことがなくなります。


トラちゃんが旅立ち、悲しんでいたKさんが
かわいいミーヤちゃんに癒されていることをうれしく思いながらも
生き物を『捨てる』という行為が行われている現実に悲しくなります。

飢え、虐待、カラスなどによる攻撃
または保健所へ持ち込まれ、そこで命を落とす・・・

優しい人に拾われるのはほんの一握りの猫たちです。


061810-6


Jerry(ジェリー)は友人宅の庭で野良猫のお母さんが生んだ子。
やっぱり4人兄妹でした。
友人達に見守られながら、離乳までお母さんと一緒にいて
みんな家族を見つけてもらい、それぞれ引き取られていきました。
その後、お母さん猫は手術をしてもらい
友人の家の猫となりました。


なんとなく、その事とも想いが重なるのかもしれないです・・・


ミーヤちゃんはすくすく成長中。

日本に帰ったら会えるかな?
でもきっと、その頃にはもっともっと大きくなっているだろうね。

捨て猫の厳しい現実の中で
生き抜き、家族を見つけた君はきっと強い生命力の持ち主。

トラちゃんの22歳よりも
長生きするかもしれないね~!



捨て猫だったミーヤちゃん。
かわいい写真を眺めながら、ニンゲンがダイスキだという話を聞き
何でこんなかわいい子を捨てることが出来るのかと、悲しくなりました。
たくさんKさんにかわいがってもらうんだよ~!

昨日もたくさんのコメント、ありがとうございました。
ああ、やっぱり苦手な方、多いのですね。
ゴキブリさんの写真なんて生まれて初めて撮ったかも?
そのまま載せようか?とも思ったのですが隠しておいて良かったですね。笑
(薄皮饅頭さん、もじょもじょなし、メールしようか?笑)
う~ん・・・恐怖というのならゴキさんより大きなクモの方が私は怖いかな?
でも『見るのもいや』って言うレベルではなく、刺されたりしたら怖いという・・・
ゴキ対策、安全面などいろいろ考えてみますね~。

そういえば私のブログを通じたお友達
九州の方が大変多いような気がします。
なんでかな???




いつも温かなコメント、メッセージ
応援をどうもありがとうございます。
本当に、感謝しています。

きちんとお返事できずに、ごめんなさい。



FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

スポンサーサイト