スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう。

実家の犬、Jam(ジャム)のこと・・・・・





皆様、温かいコメント
本当にどうもありがとうございます。

個別にお返事できなくてすみません。

母も、皆様からのコメントを読ませていただき
感謝しております。

どうもありがとうございます。



6月4日の午後、
火葬をしていただいたそうです。

小さな、小さな骨壷・・・
ちょっぴり太り気味だったのに
片手に乗るほどのお骨になってしまったそうです・・・

Jamが一番好きだった場所に、お骨は置いてもらい
私の帰りを待ってもらうことになります。

本当に、残念だけれど・・・

本当に、一生懸命頑張ったから・・・

仕方がないですね・・・






気持ちの整理のためにも
しばらく、Jamのことをここに書かせていただこうと思います・・・








jam-11


Jamとの出会いはまだ、Jamがお母さんのお腹の中にいた頃。

小学生の時に飼っていたラビが中学生の時に天国へ行き
それから、何度か犬と暮らすチャンスはあったのだけれど
思い切れずにいました・・・

だって、どの犬もラビじゃない・・・・・

私がまた、一緒に暮らしたいのはラビだから・・・・・

ラビとの別れから10年が経ち
やっと、他の子を受け入れられるような気持ちになった時
友人のお父様がダックスフンドのブリーダーをされていると聞き
犬を見せてもらいに行きました。

その時、お母さんのお腹にいたのがJam。

双子だったので出産が困難となり
帝王切開で生まれてきたんだよね。

家族に内緒で家に連れて帰り
母に怒られたなぁ・・・

飼育書を読み漁り、
『同じベッドで寝てはいけない』を実行しようとしてるのに
朝寝坊してる私のベッドに父が上げてしまったり・・・

食べ物はケージの中で与える習慣をつけようと
ゴハンをケージの中で与えることに。
家に来て2日目。
『ご飯ができたよ~!』と父を呼ぶ母の声に反応して
ケージの中で自分のゴハンを待つJam。
生後45日で人間の言葉までわかるようになってしまうとは!

言葉を理解する能力はビックリするものがあったね。
号令などでなく、人間の会話を聞いて、すべて理解していた。

母が買い物に出かけるとわかると自分も連れて行け!
でもお仕事だと、言って聞かせると納得してお留守番。

父のことが大好きで、いつも父にべったり。
ペロペロ、よくなめてあげていたね。

妹のこと、自分より小さいと思っていたのか?
よく妹に向かって小言をごにょごにょ。

私と妹が姉妹げんかの真似をすると
二人の間に割って入り、私にお腹を出して
『殴るなら、俺を殴れ~~~!!!』


jam-12



本当はね、南の国に一緒に連れてきちゃおうかとも思ったんだ。
でもね、こっちで暮らすのは難しいかなぁ、と・・・
Jamは猫さんのこと、大好きだけれど
先住の猫たちとうまくやっていくのは無理だろうな、と思って。
そして何より、父や母の側にいたほうが
Jamは幸せだと思ったから・・・・・

年に1回の里帰り。
バス停まで迎えに来てくれたね。

いろいろなところに遊びに行ったね。
一緒に温泉旅行にも行った。

私が南の国へ発つとき、いつもお見送りもしてくれた。
Jamが悲しそうに鳴くから、私もいつもバスの中で寂しくなるんだよ・・・・・


きっと、Jamにとって私は家族の中で一番怖いお姉ちゃんだったね。
怒ってばかりいてごめんね。
何でもよくわかるいい子だったから
ついつい、求めすぎていたのかもしれない・・・


お客さんの多い実家で
たくさんの人に可愛がってもらった。

本当に幸せだったよね。

母が、ブリーダーをしている友人のお父様に
Jamが旅立ったことを電話で伝えたそうです。

『本当に長い間、可愛がってくれてありがとう。』

そう、言ってもらえたそうです。


ありがとう、ありがとう。
Jamの周りにありがとうがいっぱいだね。


このページに訪れて
Jamのことを思ってくださる皆様、本当にどうもありがとう。
もう少し、Jamの話をさせていただくかもしれません・・・





コメント

No title

Jamは、本当に幸せなワンちゃんだよね。
そして、Jamと出会えたsariちゃんとsariちゃんも家族もたくさん幸せもらえたんだね。
みんなにいっぱいいっぱい笑顔と幸せをくれたJam。
私も絶対に忘れないよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

Jamちゃん、虹の橋へ旅立ってしまったんですね。。。
お父様のお股で横になってるJamちゃん、
とってもリラックスしてるみたいステキな写真ですね。
最後までご家族と一緒に頑張って立派だったね、Jamちゃん。
もう向こうでBostonくんに会えたかな?
向こうでBostonくんと仲良くしてね♪

No title

もっと もっと Jamちゃんのお話聞かせて
下さい。。。
いっぱい聞かせてください。。。
もみじが虹の橋を渡った時にお寺で聞きました。。。
49日までは この世をさまよっているそうです。。。
その間にどれだけこの世で思われていたか。。。
それによって来世が決まると。。。
だから49日までは一生懸命イイ事、楽しいコトを
語って下さい。。。
私も毎日そうしてました。。。
1周忌を過ぎた今でも。。。(^^;
これは話過ぎかしら。。。(ちょっとでも笑いを。。。)

いっぱいの幸せ・・・

同じようにこの世に生を受けても、哀しいことに誰からも愛されずに一生を終えるヒトや動物は、たくさんいます・・・。
この記事を読ませていただいて、
「ああ、やっぱりJamくんは、ものすごくたくさんの幸せを得ることができたんだなあ」
と、あらてめて思いました。
sariさんがよければ、また引き続き、Jamくんのお話をお聞かせください m(_ _)m

No title

ほんと、小さい壺におさまってしまうんですよね。。

Jamちゃんとの想い出、たくさん聞かせてくださいね
きっと記事を書いてる時には、
傍らに座って見ているんじゃないかなぁ~
そうそう、とか
違うよ!とか
ありがとうとか
話しかけながら座ってると思います

姉妹のケンカの仲裁までw
とっても賢いコだったのですねw

No title

読んでいてなんだか涙が出てきました。

本当に家族の一員として暮らしてきたJAMちゃん。
自分の一部が無くなってしまったような・・・そんな気になってしまいますものね。

悲しいお別れだけど、凄くいい一生を送ることが出来たJAMちゃん、そして良い思い出をもらった家族・・・みんな幸せなんだと思います。

No title

遠くはなれていても
家族なんですよね。
今は虹の橋を渡ってしまったけれど
それでも永遠に家族なんです。

Jamちゃんのお話しまた聞かせてください。
楽しみにしています。

No title

Jamくんのこと、読んでいて実家の犬のゴン太と重なりました。
そう、いつも里帰りを待ちわびてくれてて…帰る時は辛かった…。
私もゴン太には最期会えなかった…。
でもずっと一緒だった福でも結局辛さは同じで。
そんな全てを分かって、絶対、Jamくんは幸せだった!嬉しかった!大好き!って笑って見上げてくれてるね。
愛されて愛して逝ったんだもの。
仕方ないけど、きっとまた会えるから。そう思ってsariさん、体に気をつけて帰ってきてね。

No title

Jamちゃんのこと、拝見していて涙が出そうになりました。。。
Jamちゃんとご家族の皆さんとの暖かい生活の様子が、
すごく伝わってきました…!!

一緒に過ごした大切な存在との別れは切なくて
辛いですよね…
でもきっとこんなに愛されて暮らしたJamちゃんは、
幸せな気持ちでいっぱいだったと思います

Jamちゃん、今でもsariさんやご家族の皆さんのことを
見守っていてくれると思います…!


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。