スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐ろしい事件

この事件を記事にしようか
少し考えていました・・・

猫好きな人に遊びに来ていただくブログで
お話しするにはあまりにもひどく、恐ろしい事件なので・・・

ですが、私の住んでいる街で起こった恐ろしい事件。

今後こんな恐ろしいことが起こらないことを祈りながら記事にさせていただきます・・・




061609-1





ここ1ヶ月の間、毎日のように報道されていた事件。

それは猫が惨殺され、道路や飼い主の庭先に放置されるという、恐ろしい事件でした。


我が家から車で30分ほど離れた地域なのですが
そこは友人宅のすぐ近く。
私自身も週1回、テニスのレッスンに通う場所です。

その地域一帯でこの1ヵ月の間に20匹以上の
野良猫、飼い猫が毎日のように殺されていました。


地域住民は野良猫を保護し、飼い猫は外に出さないようにしていたようです。
警察も事件の解明に努めていましたが、
なかなか犯人は捕まらず、被害にあう猫も後を絶たず・・・


新聞やTVのニュースも毎日のようにこの事件を報道し
犯人探しの報奨金も$2500、$3500、$7500、ついには$10,000と上がっていきました。
SNSのフェイスブックでも1000人以上の人が
犯人探しの情報を募るグループを作り参加しました。




061609-2





そして・・・・・
先日の日曜日、高校を卒業したばかりの18歳の男の子が逮捕されました・・・

容疑者は捜査の目を欺くためか?
このフェイスブックのグループに参加していたそうです・・・

なんでなんだろう?

食べるためでも、自分の身を守るためでもなく
なんでそんなに簡単に命を奪うことができるのだろう?

自分より小さく、弱い命。

それも恐ろしく残酷なやり方で・・・・・

愛しい家族の変わり果てた姿を見た、飼い主さんたちの
その心の傷はなかなか癒えるものではないと思う・・・


この容疑者の保釈金は$154,500。
18歳ですが実名で報道され、顔写真も出ています。
彼は19の動物虐待、19の動物死体遺棄、4つの不法侵入の容疑がかけられ
有罪となればそれぞれの罪に対し、$5000の罰金、6ヶ月の禁固刑が科せられるそうです。

すべてが有罪となると罰金、禁固は42倍になるのだと思います。

この刑は重いのか、軽いのか・・・

また日本と比べてどうなのだろうか?
日本では動物を殺害しても器物破損で済まされてしまうと聞いたことがあるような・・・


色々考えてしまいました・・・


こんな恐ろしい事件、世界中のどこでも起きて欲しくないですね・・・


マイアミヘラルド紙(英語)


日本語でのニュース








ご近所の外猫さん。

061609-3


いつもこのお宅のガレージにいるので
野良ちゃんではないのかな?


びっくりさせちゃった?
ごめんね!
安心して・・・ね・・・



ランキングに参加中です。
よろしかったらポチ、ポチっとな。


FC2ブログランキングへ←ここをポチ♪

人気ブログランキングへ←ここをポチ♪

いつも応援、どうもありがとうございます。
励みになります♪


コメント

No title

なんて酷い話…
世界中で、こういう事をする人間がいるんですね…
自分よりも非力なものにしか手を出せない
そういうものにだけ、強い自分をアピールする
もしくは、悲しむ人を見て楽しむ?
ふざけるな!って思います
罪の重さ、そうですね日本の方が軽いでしょうね
そういうのってホント信じられないって思います…

植物だって虫だって動物だって大切な命をもっていて
感情だってあると思う!
悲しい事件が起こらない事を祈るばかりです。

哀しい話ですね・・・

何と言っていいか・・・
誰に対しても哀しみや憎しみしかもたらすことのない、非常に酷すぎる事件ですね・・・。
こういうことができる人間の思考回路や心というのは、我々のそれとは大きく異なっているのでしょうね。
「加害者の人権も守られねばならない」という言葉を声高に叫ぶ人もいますが、「それじゃあ、自分が被害者の家族であっても、同じことが言えるのか!?」と叫びたくなることがあります。
とにかく、例えその対象が人間ではないとしても、「命を奪う」というのは、人間として、やはり大きな線を越える行為だと思います。
そういう人間に対して、どう対処していくべきなのか・・・
どこでも起こってほしくないことなのですが、今の世の中、どこで起こっても不思議ではない・・・
そんな気がして、本当に怖いですね。

No title

そんな恐ろしい事件が起こったんですね。。。
猫を飼ってる人たちは犯人が捕まるまで怖かったでしょうねぇ。

刑は日本とは違いますよね。
日本の法律ではまだまだ・・・、ペット=物のような扱いですもん。
大切な家族が「器物破損」では納得できないですよね。。。

その少年はどんな目的があったのかよく分からないだけに、
再犯の恐れがないのかも心配ですね。。。
外猫ちゃんたちも安心して暮らせる世の中であってほしいです。

No title

そんな恐ろしい事件があったんですか…
ひとまずは犯人が捕まって、以前よりは多少安心して暮らせるようになったとは思いますが、最近では真似して同じような事件が続くといったことをよく聞きますよね。
そうならないことを祈ります。
しかし、自分より弱いものを痛めつけるって、どうしてできるんでしょう?
昔より自分を抑えることができない若者が増えて、こういった事件が起きている気がします。
我が家の猫がって想像しただけて鳥は肌がたつし、腹もたつ。
嫌な世の中ですよね。
でも、でも、そうじゃない人も沢山いますもんね!
みんなで野良猫を保護しているのはなんだかちょっと感動です!

No title

本当に、こんなことがいつかなくなって欲しいです。
こういうニュース、ほんと、多いですよね。そして、決して人間と猫を比べるワケではないのですが、猫への行為はエスカレートしますよね、猫が好きじゃない方にも他人事ではないと思う。
残虐な行為への認識度が、そちらに比べて日本はまだまだだですよね。
地域全体で犯人逮捕に力を注ぐなんて、こちらではなかなか…
私のような微力なブログでも声をあげていくことで変わっていって欲しいと切に思ってしまう…
sariさん、記事にしてくれて、ありがとう。

No title

なんという、残酷な。。。
近くでそんな事件が起こっている間
とても心配だったこととお察しします
いくら家ネコで外に出さないとはいえ、万が一ってこともありますもんね
犯人は逮捕されましたが、このような犯罪って繰り返される事が多い気がします
すごく根深い心の闇みたいなものがあるのでしょうか?
命を考えられないくらい、辛いことや嫌なことって何なのでしょうかね。。
事件が起こるたびに思うのは
犯人を同じ目にあわせてやりたい、です
ヒトも動物もみんな自由に幸せに暮らせる社会であってほしいですよね。。
長々すみません(~_~;)

No title

とんでもないお話ですね。。。
犯人が捕まってよかったです。。。
こんなコト2度と起こらないで欲しいです。。。

No title

なんてむごい事件なのでしょう。
いくら未成年でも決して許される事ではないですよね。
無抵抗な命。それを奪う権利なんてないのです。
きっと心が病んでいるのかも。
きちんと治療なりなんなりうける必要もありそうですよね・・
もう2度とこのような悲惨な時間が起こりませんように・・

No title

どうしてそういう事が平気で出来る人間になっちゃったんだろうね。
なにが、その子にあったんだろうね。
何があったとしても許されることではないけれど、その理由が知りたいと思う。
悲しいけれど自分より弱い者を攻撃することでしか自分の存在を確かめられない人っているんだよね。
こんなことが世界中のどこにも怒らなくなりますように。

No title

人間て恐ろしいですよね。
「動物虐待」この手の話を耳にすると、
つくづく人間でいることが恐ろしく感じます。
動物を殺すことによって犯人は、快楽を得る
ことができるんでしょうかね。
動物虐殺=器物破損…私は絶対反対です。
「人間以外の生き物であればなにしてもいい」
と言われているようです。
私は虐待した同じやり方で罰して欲しいと思う程です。

ちょっとグロテスクな話になってしまいますが、
バックや服などに使用される動物の毛皮というものは、
生きたまま採取するという方法が用いられています。
それに関しては、人間の道具として使われるわけ
だから、虐待でもなんでもないんですよね。
…本当に人間て恐ろしい生き物です。

No title

ネコはネズミを捕まえさせるために人間に飼われるようになったのでしょうが、今はかけがえのないパートナーです。
うっぷん晴らしに、虐待したりすることはやめてもらいたいです。
同じ命を持つ生き物同士、家族として友達として生きて行きたいものです。
とにかく犯人が捕まって良かったし、二度と起らないようなケアをしてもらいたいですね =^_^=

コメントありがとうございます♪

☆みこ姐さま
悲しいことに、この広い世界のどの国にも
ひどいことをする人間はいるんですね・・・
でも多くの人の意識改革で、こういう事件が減ってほしいと思います・・・
きっと、祈りは届きますよね。

☆Nさま
この犯人もたぶん精神鑑定などをされるのだと思います。
加害者の人権・・・
日本だったら未成年ということで少年Aですまされてしまったのでしょうね・・・
本当に恐ろしい事件です。

☆ゆきさま
のどかな郊外の住宅地なので、自由にお外に出ている猫も多かったようです。
こんなことがあったら、恐ろしくて、絶対に外に出せなくなってしまうでしょうね。
物ではなく、家族なのに・・・

☆たまぽちさま
そうなのです。
少し離れた場所でも、猫が殺されました・・・
こんな恐ろしく、悲しい事件をまねるなんて信じられないですよね・・・
私達、そうじゃない人間が幸せな社会を作っていかなくては!

☆まったり福タビ大リンの姉さま
日本でも、あんな恐ろしいことが起こっていて
まだ犯人が捕まっていないなんて・・・
姉さんの記事で知りました。
声、あげていきましょうね。

☆emiさま
離婚した両親がふたりとも、このあたりに住んでいるらしく、
同級生達は口々に信じられないと言っているそうです・・・
でもどんな理由も、命を奪う理由にはならないですよね・・・

☆猫田にゃん仔さま
犯人が捕まるまで、本当に毎日のようにTV、新聞で報道されていました。
インターネットの書き込みなどから犯人の手がかりをつかんだようです。

☆蕗ままさま
自分がどんなにひどいことをしてしまったのか
気づき、反省し、償わなくてはならないですよね。
それでも消えた命は帰ってこない・・・

☆海月さま
日本のネットのニュースをみたら
犯人は『イケメン』とか書いてあって・・・
なんだかあきれてしまったよ・・・
自分の存在・・・彼らを殺すことでなく、
愛することで自分の存在を感じることができたらよかったのにね・・・

☆harukuruさま
『動物虐待』この国では日本より、このことに関しては厳しいと思います。
と言っても、こういう恐ろしい事件があることも・・・
本当に同じ人間のしていることなんですよね・・・
毛皮のお話。
私も無知だったので、そのことを知らなかった頃は
毛皮の付いた服やバッグをかわいいと思っていました。
無知な人間って・・・怖いですよね・・・
私やharukuruさん、皆さんのブログを通して、いろいろなことを知る人が
少しずつでも増えていくことを願っています。

☆よしおさま
そうなんですよね。
家族であり、友人なんですよ。
なのに、なんでこんな恐ろしいことができるのか・・・
今後のケア、確かにそれも重要ですよね。


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。