スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう少しだけ、一緒に・・・

がんばって、がんばって
17年以上の間、がんばり続けたWeedy(ウィーディー)の
小さな、小さな心臓が
昨日、止まってしまって・・・

その後は、いつものようにキッチンで夫の帰りを待ち
夜は一緒にベッドルームで寝て
朝、またキッチンのマットの上で横になる。

こうしていたら
ただ眠っているだけのような気がして
ちょっとした物音にWeedyがビックリしてしまわないか?
と、はっとして・・・

ああ・・・と悲しくなる私がいる。


122809-1


今日の午後、Weedyの『体』とお別れするはずだったのだけれど・・・

どうしても、まだ一緒にいたくて
もう少しだけ、一緒にいたくて

頭で分かっているのに
私の感情が言うことを聞いてくれない。

結局、Weedyを連れて行くことが出来なかった・・・


お花を買いにいき
最期に食べさせてあげられなかったマグロを供え

いつものように寝かせていた状態から
小さな箱に移しかえた。

そうすることで少しは気持ちが切り替わるかと思って・・・


122809-2


それでもまだ、そこで眠っているだけのような気がして・・・

ガリガリのやせっぽっちになってしまったWeedyだけど
むくっと起き上がって
マグロをムシャムシャ、
美味しそうに食べてくれるんじゃないかって気がして・・・


わかってはいるんだよ、
わかっているんだ、Weedy・・・


明日の朝、もう一度、お別れしなくてはならないんだね。
つらいなぁ・・・


たくさんのコメント、メッセージ、メール
本当にどうもありがとうございます。
たくさんの人に愛されて、Weedyは本当に幸せ者です。
そして、たくさんの人に心配していただける私も本当に幸せ者です。

お言葉、ひとつ、ひとつが胸にしみて、広がって、温まって・・・

きちんとお返事が出来なくてごめんなさい。
そして、本当に、どうもありがとうございます。



コメント

j.ori

僕も送り出すときは嫌だったな。
お骨となって帰ってきたあとはずっと家で供養。
今度は、いつお骨を土に返そうかと迷ってます。
土に返さないといけないし..
なんか、また別れなければならないみたいで..
悩んでます

元気な若い頃の姿で待ってるそうだし、また会えるんだけどね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

Weedy は返事をする体を失っただけで、sariさんの気持ちは今でもちゃんと伝わっていると思いますよ。
客観的なことは置いといて、今は感情のままにWeedy のことを考えてあげていて良いときだと思います。

さびしいね・・・

やっぱりつらいですよね・・・
にゃんこを失うってことは・・・
どれだけ長生きしてもやっぱり生きていてもらいたい
うまく書けません・・・・・
私も想い出して涙がでます
sariさんつらいでしょうね
でもたくさんの人がついていますからね
無理しないでゆっくり休んでください

No title

先代猫を火葬に送り出すまで2日間あったのですが、
身体をきれいに拭いて、箱に入れて、まわりにお花を入れても
やっぱりあきらめがつかなかったなぁ。
業者のヒトが引き取りに来て、積まれた車が走り出そうとした
ときにあやうくすがりつきそうになりました。
身体は魂のいれものだってわかっているけれど、
でもなくなってしまうのは怖いし淋しい。

焼かずに実家の庭に埋めようか迷ったのですが、もしも自分で
埋めることにしたら、ワタシはいつまでも踏ん切りがつかなくて
埋められなかったかもしれません。
そのくらい、なんでだろうねと思いながらも、手放すのってつらい。
だから、悲しんだり号泣したりつらいと思ったり、これでもかと
いうくらいに、したいだけするのがいいと思います。
愛情と感謝の気持ちがこもったたくさんの涙がWeedy爺の手向けに
なりますよ。きっと。
ハンパにガマンして消化不良のままだと、いつまでも引き摺って
しまうから。
そう言い訳して、ワタシもごうごう泣いちゃってます、今(笑)。

明るい色のお花がとってもきれいです。
最初の写真のピンク色の指も、お花と一緒にはじっこに写っている
爺の三角の耳も、かわいいなあ。
こうして見ていても、もう瞼を開けないなんて信じられないよ。
でもきっと、自分の横に飾られたお花を見たり、おいしそうな
マグロをぱくぱく食べたり、側にいてくれるsariさんの体温を
感じたりしていると思いますよ、爺は。
いたずらそうなうれしそうな顔してね(^^)。

No title

sariさん・・・。
わかります、わかります・・・。
いつまでも、一緒にいたいですね。
こんなに愛されてWeedyくんは幸せです。
sariさん頑張ってくださいね・・・。
Weedyくんの魂はずっとsariさん家族と一緒ですよ
明日の朝もう一度頑張ってくださいね・・・。

マーコの記事で勝手にWeedyくんの元気なときの写真をお借りしました。ごめんなさい。

遠い空からWeedyくんの御冥福をそしてsariさんを応援しています。

No title

sariさんにはWeedyちゃんには笑顔をみせてあげて・・なんて言ったのに、
ごめんなさい、私が涙がとまらなくなりそうです。
薄皮饅頭さんのコメントも拝見してうちの先代猫を見送った日を振り返りました。。
最後の治療期間中にに一杯泣いてしまったからせめてお別れの日は笑顔でと思っていて・・・
(なかなか思うようにはいかなかったけれど・・)
うんうん。体は魂の入れ物って解っていても
心がついていかないのはわかります・・

明るいお花が気持ちを慰めてくれますね。
もうお目々を開けてくれないとはとても信じられなくて。
それでも・・わたしも思います、
Weedyちゃんはいつもsariさんの側に居てくんくんしたりチョンとお手々を膝にかけたり
しているんだろうなぁって。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

sariさん 存分に お別れをしてください。
sariさん 思いっきり泣いて Weedyちゃんを 送ってあげて下さい。
Weedyちゃん きっと喜んでくれていますよi-260
きっと また生まれ変わって sariさんの元へやって来ますよ。。。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。