スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君がいた4月

先日、まったり福タビ大リンの姉さんのところであるアニメーションの存在を知りました。


キミとボク  ← クリックで視聴できます。


姉さんの記事を読んで・・・

姉さんの福ちゃんへの想いが伝わってきて
胸がいっぱいになって・・・

覚悟を決めて(?)一人でゆっくり出来る時間に見ることに・・・


042510-1
2009年4月26日(日)午後、WeedyとChicago


やっぱり・・・・・


Boston(ボストン)とWeedy(ウィーディー)のことが
あれこれ、浮かんできて
涙が止まらなくなってしまいました。


042510-2


Chicago(シカゴ)の双子の兄弟、Bostonとのお別れと
Weedyとのお別れは全く対照的といっていいほどの違いでした。


042510-3


Bostonがたくさんのことを教えてくれたから・・・

Weedyにしてあげることが出来たこともたくさんありました。

ただ、だから・・・
Bostonには何もしてあげることができなかったという思いもあり・・・


042510-4


それでもやはり、腎不全でひどい数値となりながらも
あれから1年半、元気に暮らしているChicagoのことも

一度、呼吸が止まりながらも
半年間、家で頑張り続けたWeedyとの時間も・・・

Bostonからの贈り物だと思っています。


042510-5


そしてまたWeedyも・・・

たくさんのことを私に教えてくれました。


042510-6


ありがとう、ありがとう、ありがとう。

ずっと、ずっと・・・
忘れないよ。
愛しているよ。
だから・・・

ずっと、ずっと・・・
そばにいてくれるんだよね。

コトバはつうじなくても・・・

この目に見えずとも、
この耳に聞こえなくても・・・

『キミとボク』が感じたアマノガワのように
この世には美しいものがたくさんあるんだよね。


042510-7


たくさん泣いて、なんだかすっきりして・・・

去年の今頃は何をしていたのかなぁって、振り返ってみたら
おひさまを浴びて、気持ち良さそうにお昼寝するWeedyがいました。 → 去年の記事

今日の写真は同じ日に撮った
ブログに載せていない写真です。


姉さん、素敵なお話、教えてくれてありがとう。



とても有名なアニメーションなので
ご存知の方も多いと思いますが
見て欲しいなぁと思う方々が心に浮かび、記事にさせていただきました。

もしまだご覧になったことがない方、いらっしゃったら
ゆっくり見てみてくださいね。

1年前がつい先日のようにも、遠い昔のようにも感じます。
あらためて一日一日、かけがえのない時間、
大切に生きて行かなくては、と思いました。




いつも温かなコメント、メッセージ
応援をどうもありがとうございます。
本当に、感謝しています。

きちんとお返事できずに、ごめんなさい。



FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

コメント

何も言えない・・・

ただただ、たくさんの涙が出ました。
心に強く訴えかける物があって、
言葉が出ないです。
人間より遥かに早いスピードで人生を終えてしまう猫たち。
出会いと別れはつきものだけど、
出会えて一緒に過ごせる時間を、
大切にしよう。
改めて強く・・・
そう思いました。

1年前のsariさんも、食べまくり・・・
なんだか泣いた後に、ほっと和んでしまいました。

No title

お分けれの時の思い出が強すぎて、一緒にいた時の楽しい思い出を忘れてしまいそうになるけれど、
天使になった子達は私達の涙より、楽しかったことを思い出してもらうほうが嬉しいと思うようになったよ。
お別れは辛いけど、またいつかきっとどこかで会えるから・・・
その時に沢山楽しい事を報告できるように、毎日いい思い出をつくりましょうね。

No title

うん、私も姉さんのところでみて、号泣しちゃった。
すごくいい話だよね。
猫の気持ちがちゃんと表現されてて、
でも控え目で、行きすぎてなくて・・・・・。
私も「ありがとう」って思うこと、大切だと思います。
一緒にいることだけでも、本当に幸せなこと。
そして一緒にいてくれただけでも、ありがとう、ですよね。

No title

私も姉さんちで拝見しましたよ。涙でぐずぐず。
先代のことを思い出し、果てはみこちゃんの先のことを想像し、なんかもう、ぐちゃぐちゃ。
私は猫たちのおかげで幸せ!すごく!
だから、猫にも幸せでいてほしい。
せめて私の半分は。私と同じくらいっていうのは無理かも・・・だって、こんなにいっぱい幸せをもらってる。
どんなにしてもこれほどにはなれないぞ!って気がします。
それくらい、猫はいっぱい幸せを運んできてくれます。

No title

ヤバイ、出勤前に見てしまいました。
本当は猫さんが私たちを見守ってくれているんですね。
前猫の事、今いる4ニャンの事などアタマの中をグルグル。
なんかとっても切ないけどがんばらなきゃ!という気持ちになりました。
去年の今頃は、窓辺にみんなと一緒にお昼寝する
Weedyくんがいたんですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私も「キミとボク」見ました。
なくして気づかされる、尊さ、後悔etc.
だからこそこのいまの時を精一杯生きられたらいいよね。みんな、みんなひとりじゃない。心に太陽スマイルを、唇にハッピーソングを!なんつって。(例えが古過ぎで申し訳ないっす)

No title

私もblueさんの所で知り観ました。
観てるうちに先代猫達の事が思い出されたけど、
悲しいと言うより、なんだか言葉にできない別の暖かい感情が。
といってもやはり皆が皆、眠るように・・・では無かったけど、
もっとしてあげられる事が...とかも沢山あるけど、
そういう悲しい事よりも、共に過ごした貴重な時間に感謝の方が大きいです。
だからこそ一日一日を共に大切に過ごしたいです。
それが旅立った子達への供養ではないでしょうか^^

久々に・・・

あーまだ涙が止まりません
そして見ながら胸が押しつぶされそうでした
こんなに泣いたのにゃおちゃんがお空に行って以来です!
みんともちょこも保護した仔にゃんこも
大切に見守ります!
おもらちくらいでいじいじせず
がんばりますよ~

No title

私もこのアニメ見て号泣してしまいました。
やっぱり皆さんご自分と重なるんですね~
4月はいろんな命が芽吹いて輝く月なのに
私には切ない月になってしまいました。
でも、やっぱり春の訪れは嬉しい♪

No title

sariさん、ありがとう。
私もヘッケルのことと重ねてしまい、涙をこらえるのに苦労しました。
(会社で観たので)
ヘッケルもそう感じてくれていたのだろうか…
まだそうだったと言えない気持ちがありますが
このようなお話や同じ思いを持つ人との交流を
絶えず持つなかで、少しずつ気持ちが変化して
いつかは自然に感謝の気持ちを持つことが
できるのかな、という希望につながった気がします。
そしてヘッケルが残してくれたものをチャットたちに
生かすことも
ヘッケルへの感謝に繋がるもの。
後悔の気持ちが湧いてきたら、このアニメのこと
思い出したいと思います。

久しぶりにWeedyくんに会えて、嬉しかった!

No title

動画拝見しました。
そして大泣きしてしまいましたよ~!
ホントに涙が止まりません・・・
シェアしてくれてありがとうございます。
BostonくんとWeedyくん、Sariさんちの猫になれて
とても幸せだったと思いますよ。
こんなに思われているんですもの、想いは届いているはずです。
そしてBostonくんとWeedyくんも向こう側からSariさんのこと
見守ってくれていると思いますよ。
何があっても、ずーっと一緒ですもんね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

観ると一昨年亡くした前猫を思い出して
大泣きしそうなので、深夜に一人になった時に観ます。
きっと素敵なお話なのでしょうね・・・
WeedyくんもBostonくんも天使になってずっとずっと
sariさんご夫妻、Chicagoくん、Jerryちゃんを
護ってくれてると思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ああ朝から見てきました…。
教えてくれてありがとうございました~!
今ちょっと疲れているので余計に…(涙。
2にゃんも同じように楽しいって思ってくれているといいな、と。
意外にも、私は先代たちのことより今の2にゃんのことに頭がいきました。
Sariさんはボストンさんとウィーディーさんのこと、いろいろ思い出されたのでしょうね…。

No title

観ました。
覚悟して観ましたがやはり泣きました。
涙と鼻水でめちゃくちゃです。
でも、観た後に仏壇のちゅーちゃんの遺影を見て、
そして改めてsariさんの記事を読んでWeedyくんの姿を見て、
『そばにいてくれてる』と、何だかすごく実感しました。

Weedyくん、久しぶりに会えて嬉しかったです。
ひなたぼっこ姿に、まったり癒してもらいました^^

No title

泣かないで見るつもりだったのに、
今は涙と鼻水でぐちゃぐちゃです。
やはり、亡くなった猫のことを思い出してしまって、
涙が止まらないですね。
そして、クロネコ号でまったりしてるはなを、
思わず引きずり出してギュっと抱きしめました。
Weedyくんが久しぶりに見れて嬉しかったです。

No title

sariさんの思いで、また今ボタボタだよ・・・
「ごめんね」より「アリガトウ」
頭で分かっていても、心で受け入れられなかったことが、ストンと胸に落ちたような気がしたの。
愛された子達はきっとみんなどうかしてこの思いを愛する家族に伝えてくるってわかったよ。
BostonくんはそれをWeedyくんとChcagoくんの時に伝えてくれたんだね。
Weedyくんはそれを最後までずっと頑張ることで教えてくれたんだね。
遅くなったけど、姉さんはこうやって受け止めることが出来て、本当に幸せだなって思ってる。

sariさん、ありがと(^^)

去年の今日、開けた途端に、あの時のご馳走だー!って叫んじゃった(笑)

No title

一年前の写真・・・本当に気持ちよさそうな顔ですね。 Weedy君はいつも穏やかな感じでしたね。家族として一緒に暮らし、たくさんの思い出を残して、遊びに行っちゃいました。 
僕はとても短い間でしたけど、いっぱいWeedy君とは遊んでもらったし、思い出深いです =^_^=

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

遅ればせながら。。。

このお話、以前観て大鳴きしました。今回は、また泣いちゃうから観ませんよ!
犬も猫も絶対人間より長く生きてくれない。だから生きてるときに沢山遊んで、一緒にいて思い出をつくれば。。。ただね、失った時に、走馬灯のように思い出して辛い。。。時間が解決してくれるのみなんですよね。でも、ぜったい彼らは虹の橋から私達のこと見ててくれてる!だから私達もできるだけ笑顔で彼らを思い出してあげなくちゃなんだよね。思い出すと嬉しくなり、そして悲しく、寂しくもなり。。。でも、そうやって思い出してることが、彼らと一緒にすごせたという幸せなんだと思います。
また、BOSTON君とWEEDY君の思い出話分けてくださいね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。