スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共生

先日、近所の大型ペットショップに
猫たちのゴハンとトイレの砂を買いに行ったのですが・・・

ここ、何のコーナかわかりますか?


051910-1


犬や猫の生体販売コーナ???

いいえ、違います。

ここは里親探しのコーナーなんです。


051910-2


公営、または民間のボランティア団体の方に保護された子たちが
未来の家族を待っています。


051910-3


今日はちびっ子が多いなぁ。

成猫さんがここにいることも多いのですが・・・


051910-4


この週末は『National Adoption Weekend』という
大手ペットフードメーカーがスポンサーになった
家族探しのイベントもあるようです。

里親になってくれた方には
キャットフード、またはドッグフードのプレゼントがあるみたい。
(今週はピュリナがスポンサーになってました。イベントごとに変わります。)

やはりこの季節
子猫の数が多いかも・・・


051910-5


お店のスペースを使って
商品を並べるのではなく
こうして家族を探すお手伝いをする・・・

このペットショップだけでなく
他の大型ペットショップにも同様のコーナーがあります。


051910-6


このお店はPetcoという全米にチェーンのあるお店ですが
他にもPetsmartなど大きなペットショップはみな、このようなことに取り組んでいます。

また非営利の団体を設立し
寄付などを公営、民間のシェルターにしたりもしているようです。

『ペット産業』という言葉は好きではありませんが
こうしてペットに関わる仕事をしている以上
すべての命を幸せに導くお手伝いをすることは必要だと思います。


051910-7


先日、Mac CatのANKOさんのところにお邪魔して
日本でもこうしたペット関連の企業が『殺処分』に目を向け
シェルター等への医療支援を目的とした寄付をなどの活動を始めたことを知りました。
ANKOさんの記事は →  コチラ
セーブペットプロジェクト

CMなども放映されているようなのでご覧になった方も多いかもしれませんが
動物病院で処方される『フロントライン』の売上の一部が
飼い主を失ったペットの命を救う活動に役立てられるそうです。


自分達の利益ばかりを追求し、
光の部分しか見ないのではなく
みんなが共に幸せに命を全うするため
まっすぐに影も見つめ・・・

『ペット産業』と呼ばれる企業も変わらなくてはならない。

そして私たちも・・・
考え、行動し、いろいろなことを変えていかなくてはならないのでしょうね。


051910-8


まっすぐに私を見つめる瞳。

大丈夫。
キミ達には共に生きる素敵な家族が出来て
絶対に幸せになれるよ!!!



記事を書きながら・・・
あれやこれやと思うことあり、なんだかまとまらなくなってしまいスミマセン・・・

この子たち、この狭い一区画に閉じ込められているわけではなく
写真をご覧になるとわかるのですが
あちらこちらと自由に行き来できるようになっているのです。

みんな元気でかわいいこたちでした。
素敵な家族が見つかりますように!!!




いつも温かなコメント、メッセージ
応援をどうもありがとうございます。
本当に、感謝しています。

きちんとお返事できずに、ごめんなさい。



FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

コメント

No title

うん・うん
いいお話~♪
涙がでちゃうわ~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いいですね~

そういうふうにどこもなってほしい・・・
切実な願いです!
今、仔猫保護して思います
2匹だけど大変です
でもボランティアでたくさんの仔猫ちゃん達の
保護活動をされてる方たちはもっと大変です

みんなかわいいですね~
優しい里親様がみつかりますように!

No title

お久しぶりです。
可愛い仔達ばかりですね。
日本でもこのような活動が広まることを切に願います。
我が家でも4匹いた猫が今は1匹になりました。
私自身の健康が安定すれば1匹でも里親に
なりたいといつも思うのですが・・・
どうか、全部の仔達に良いご縁が繋がりますように。

No title

里親探しのコーナー、つい覗いちゃう.....
成ネコちゃん達も、皆甘えん坊なのよね。
他のお客さんもすごく気にしてるから、良い里親さんが
きっと見つかると思うの。
私もANKOさんのところで拝見して、日本も少しずつでは
あるけれども、企業が活動し始めてる事、現状を知らない
人達にもCMを通じて情報を伝える事ができるだろうし
すごく嬉しい。
当たり前の幸せを得られると良いな......

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

願い

こういう取り組みは本当に素晴らしい事だと思います。
たかが犬猫・・・でも命です。
日本はこういう部分ではかなり遅れてしまってるけれど、
少しずついろんな活動が広まりつつあります。
それは喜ぶべき事だと思います。
保護された子たち。
みんないい里親さんと巡りあえて、
幸せに暮らせるといいなと、
切に願います。

No title

あ~sariさん、いってはいけない所に~!(笑)
こういう所にいくと、みんな連れて帰りたくなっちゃいます。
どうせこれ以上増やせないんだから行くな!と思っても
ついつい足がいっちゃうんですよね・・・
やっぱり春は子猫が多いですね~みんなかわいいわ♪
ANKOさんの記事私も読みました!
日本でも動物愛護の活動がもっともっと活発になるといいですね。

No title

ワタシもこういうイベント行くと覗かずにはいられない~!
で、みんな連れて帰りたくなる・・・
日本も生体展示販売、絶対禁止にしてほしい~!
命を扱う仕事は、それを真剣に考えるべきだー!!

No title

日本でもお台場にある大型ペットショップがリニューアルして、
やはりこういう出会いの場が設けられました。
日本の場合、仔猫/子犬の生態展示販売が広く行われていて、
それが物議を呼んでますが、願わくば展示販売をやめ、
そのスペースでこういう里親譲渡支援になればと思うのですが....
まだまだ改善/制限しないといけない事は沢山あるけど、
まず現状を周知させ、皆が考えることが第一歩でしょうね。
「可愛い」だけでは共存共生出来ないんですよね。

No title

なるほど、日本でも輪が広まっているのですね。
こういう取り組みが増えて、1匹でも多くの子が幸せな家庭を見つけられるといいんだけど。。
かわいいこ達ね~ 買い物そっちのけで夢中になりそうだわ

No title

そうそう、日本でも徐々に企業がこうした取り組みに
目を向け始めてきていて、うれしく思っていたところです。
それだけ避けて通れない問題になってきているってことですよね。
日本はまだまだ意識が低い問題ですが、こういった取り組みを始める企業が増え、
少しずつでもいいから確実に多くの人に認知され、
意識が変わっていってほしいと思います。
こうやってブログで取り上げることも大切ですよね。
季節柄、どのブログにおじゃましても子猫ばっかり目にしちゃって…
これ以上増やせないのは分かってるけど、
これ以上猫のお世話が難しいのは分かってるけど
見ると無意識に「この子うちの子に…」なんて思ってる自分がいます。
みんなステキなご縁に出会えますように♪
(でないと、無理なハードル、飛び越えちゃいそうです~・汗)

期待します・・・

やはり大きな所が動いて、
マスコミを利用し活動を広げる。
これが認知度を知らしめ、
活動自体を広げる事になると思います。

個人が保護したりTNRしても、限りがありますから・・・
勿論、私自信も何匹か救助してますし、
個人も何人も集まれば力にはなりますが
企業、地方自治体、都道府県、国が動かないと
やはり焼け石に水と言う感じが、いなめません。

これを切っ掛けに、大きな波が起きてくれればと
願ってやみませんね。

No title

ペット産業って言葉、どうも嫌いで。。
生体販売もなんだかせつない気持ちで見てしまいます
とくに、特価販売!とか、50%offなんて札が付いてたりすると
モノ扱いぽくてやるせなくなります。。(-_-)
こうした活動が日本でも広まっていくといいのになぁ。。
寄付や善意だけでなく、こういう事にこそ、税金を使ってほしいです
みんな優しい里親さんに出会えますように。。

No title

いいお話ですね。
読んでて涙が出てしまいました。
最近、動物関連では日本からは悪いニュースばかりなので、ほんのちょっとだけホッとしました。

みんなかわいいですね…。
大きな家に住んで、こういった子をたくさん引き取ってあげられたらなあといつも思ってしまいます。
どの子にもいいおうちが見つかりますように…。

No title

みんなにいい出会いがありますように。

No title

捨て猫ちゃん達を、まず生かそうというところが現在の日本の姿勢と基本的に違うところですよね・・・
(アメリカにも殺処分ってあるのかな?)
こちらも、ショップで生体販売をするということはほとんどないので、里親探しは色々なイベントとくっつけたり、ダウンタウンでスタンドを作って行ってますよ。
ペット業界と言う動物にかかわる事でビジネスをしている会社が、こういう風に共生に目を向けるという風習がこれからもどんどん広がってくれるといいですね。

No title

南の国バンザイ!
ゲージも区切られてないのね~!!
…なんて素晴らしい国なの( TДT)

日本ではペットショップで里親募集
(=無料)の子たちなんて置いたら
ショップの子が売れなくなるから
置くもんか!って考えなんでしょうね(。・ˇдˇ・。)
なんて嫌な国なんだろう(´;ω;`)

お芋美味しそうでしたね(笑)

No title

こういうところは日本が海外に劣っている部分ですね。
きちんとした設備まで整えているとは立派!
こんなペットショップからなら
安心して我が子を迎えられますよね。

No title

ペットショップ、ついつい覗いて、可愛い!と思う反面
「この子たちはこれからどうなるんだろう...」と考えます。
そして「新しいお家が決まりました」の札を見るとホッとします。
あぁ、みんなシアワセになってほしい。

No title

春は特に子猫が多いですね。この週末は恒例の、公園にて50近くのシェルターが集まって里親会が開催されます(ラジオ、病院、ジムまで広告貼り出されてます)素晴らしいこと!でもね、ニュースではLA市内では今年も2500匹の犬猫さんが安楽死を余技なくされましたと!(安楽と言っても、ガスで!!)

学校の先生もレイオフになる程、景気の悪い加州、シェルターへの来年度の予算もまたまた削減だそうです(涙)企業もまだまだ難しい年ですが、こうやって少しでも命を大切にしたいですね。

子猫=かわいい!
けど、野良/アウトドアな親犬、猫さんの去勢/避妊活動もっともっと広めていかねば??かな~。


↓ここでは、米国内の企業参加活動やったます(ってもうご存知?)
http://www.theanimalrescuesite.com/clickToGive/home.faces?siteId=3&ThirdPartyClicks=EEA_030810_ARS_m

少しでもお役に立ちたいですよね。。。

No title

こういう取り組みは、日本でも積極的に真似をするべきです。
ペットに関わる産業をスポンサーにするというのもいいですね。
一匹でも殺処分される動物たちが減るように、願うばかりです。
今日本では、口蹄疫の影響で何万頭もの牛や豚が殺処分されています。伝染病だから仕方がないのかもしれませんが、そういうたくさんの命が人間たちの命の土台になっていたことに、気づかなくてはいけませんね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。