スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェルターに行ってみた!

気持ち良く晴れた先日の日曜日

私たちが住むCounty
(カウンティ~日本語では『郡』と訳されますがいくつかの『市』が集まった地方行政組織です)
が運営するアニマルシェルターに行ってみました。

行政が運営する施設がどんなものか、一度行ってみたいと思っていたところ
この日にイベントがあるとのことだったので思い切って!


121110-1


ここは警察機関の中の一部、アニマルサービスユニットになります。


121110-2


そうです。南の国には『アニマルポリス』がいるのですよ~。

『アニマルプラネット』で『マイアミ動物警察』というドキュメンタリー番組もありますね。


121110-3


ここは以前紹介したヒューマンソサエティとは違い(以前の記事 ヒューマンソサエティその1 その2
行政の施設、日本で言うところの動物管理センター、保健所です・・・

身勝手な飼い主に持ち込まれたり、捨てられた子達がここに引き取られ
適性検査の結果、シェルターに行けるか、または安楽死されてしまう場所です。

シェルターで里親を待つ子達も・・・
ヒューマンソサエティのように、時間があるわけではありません。


121110-4


施設の前に停まっていたバスに書かれているのは
『1匹の避妊手術をしていないメス猫、そしてその子孫から9年間でどれくらい、猫が増えてしまうか』
その数、なんと11,606,077匹!!!

無責任な飼い主さんはこの数字
理解できないのだろうなぁ・・・


施設内シェルターは自由に見て回ることが出来ます。


121110-5


この日はイベントということもあって、多くの人々がここを訪れていました。


121110-6


みんな、みんな、かわいくなぁ・・・


121110-7


犬や猫を飼おうと思ったら、こういったシェルターに来てみる・・・

コチラの多くの人たちはそれが普通だと思っているのかもしれません。

子供と一緒に、家族で犬や猫を見ている人も多かったです。


121110-8


ですがその反対に、ここに持ち込まれる子や捨てられる子も多くいるわけで・・・

収容施設に限りがあること思うとを
かわいいこの子達を見ているのがつらい・・・
(このことについては少し分かったことがあるのでまた後ほど・・・)


121110-9



今回、辛い気持ちにもなるだろうと分かっていながら
思い切ってここへ行ってみた最大の理由・・・

実はこのイベントのことを調べている時に
インターネットでこの子を見つけたからなんです。

5ヶ月の三毛柄のオンナノコ。
ちょっとこの子に会ってみたいなぁと思って・・・


121110-10


このイベントの前日、土曜日に施設にやって来たばかりの子だったようなのですが
翌日の日曜日、シェルターのケージにはいない様子。

職員の人に尋ねてみたら、この子がどこにいるか、調べてくれるのですが・・・

ですが結局、それは出来ませんでした。
実際に見るのが怖かったのかもしれません。


それでも家に帰ってきてからも気になり
ネットで見てみるとまだシェルターにいる様子。

翌日、電話をしてみると・・・

すでに予約されていて、これからその人が引き取りに来るとのこと。

ほっとしたような、がっかりしたような・・・

それから・・・
なんだか、ずーっと、ずっと、いろいろな事を考えてしまっています。


考えて、考えて、考えて・・・・・


考えているうちに、何かが動き出したようです・・・



実はこの日をきっかけに・・・
今週、数回、このシェルターに足を運んでいます。
自分が住んでいる場所、納めている税金で運営されている施設なのに
今まで何も知りませんでした・・・
これからもっと勉強して、皆さんにもコチラの行政施設のこと
分かってもらえるように頑張りたいと思いマス!
(でも英語が苦手ナノだ!涙)

動き出した何かについても
近々皆さんに報告できますように~!

クリプノシスについてもたくさんのコメント、ありがとうございました。
う~ん、anemoneさんちのトーさん、派遣してもらいたい!(南の国に出張とかないかな?)
いのうちゃん、ヒトミンチョさん洗濯ばさみで試した人もいるようだよ。
でも・・・りんさんの失敗談、笑えます~。

諸事情(?)によりしばらく更新も不定期、読み逃げ多しとなりマス・・・
(しかしそんな時に限って、お話聞いて欲しいことたくさんなので、更新はガンバル!)
みんな元気なので心配なさらないで下さいね。




いつも温かなコメント、メッセージ
応援をどうもありがとうございます。

本当に、感謝しています。

きちんとお返事できずに、ごめんなさい。
 



FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

コメント

No title

アメリカも州によって事情が違うし、どっちかって言うと
動物の保護に関してはアメリカって後進国なのよね。。。
だからこそ民間が頑張ってるんだけど・・・
ああ・・・その三毛柄の子!(@@
小さい頃のみこちゃんみたい(TT
何かが動き出したsariさん・・・
何かわかんないけど、応援してるよ~~(^^/
ワタシも英語が苦手なのら~(TT

No title

写真の子たち、眼が暗いというか覇気がないというか、
向けられたカメラに人に、不信感を持ってそうな、
そんな感じを受けてしまった・・・
気のせいかなー・・・仕方ないこと、なのかなー・・・
単にカメラや人に興味を持ってカメラ目線、じゃないからかな?
ならいいんだけどねえ・・・

ミケコさん、小さい頃の珠さんみたいだー♪

No title

sariさんの心の中で何かが動きはじめたんですね。
それが何かは・・・
でも、私も応援しますよ~。

どこの国だったかうろ覚えなんですが(たぶんギリシャだったと思うのですが)
野良犬&野良猫を保健所みたいな施設に保護せずに、
去勢避妊手術、ワクチン接種をして、
また町に放していると新聞の記事で読みました。
施設運営には限界があるとか・・・
賛否両論ありましたが、保護した後、
安楽死させるより、私はいいように思えました。
でも、野良犬&野良猫の数は本当に多くて、
また糞尿の問題、人に危害を加えるかもしれない可能性を考えて、
反対する意見などもありました。
難しい事だけど、単純に命についてどう対処するか、
結局はそういう問題なのかもしれませんね。

ああー

この問題はどこの国でもあるんですね
かわいいにゃんこちゃん達を見ると
胸が詰まります

sariさん・・・考えているんですね
応援します

No title

みんなかわいい顔をした猫さんたちですね。
こういう施設に勇気を持って行けるってすごいです。
sariさん、色々考えるとこがあって動き出されているのかな...。
ゆっくり報告待ってますね。

No title

アメリカでも時間が限られてしまうんだよね....
皆すごく可愛い。
でも少し不安げな目をしてる....
こういった施設に行くのは、本当に勇気がいると思う。
引き取るつもりでも、ここにいる仔達皆を引き取る事は
出来ないから苦しいよね。
それでも何度も足を運んで、何かが動き出したsariさん
応援してるよ!!!

分かります・・・

私も最近、ボラさんの所に伺ったり
何か出来ないかと、模索中です。
ただ、興味がわくのと同時に自分の非力さ
無力さに愕然としてしまう事も・・・・
自分の生活も壊せないしとか。
sariさんが何をされるのか?考えているのか?
応援すると共に、とても興味があります。

あっ、私もClipnosisの記事を明日くらいに
書くつもりです。
前に撮った写真があるのでね♪

No title

こういう場所の犬猫も、ペットショップの犬猫も
昔はただめんこ~い♪って見ていたけど
実際に猫と暮らすようになって、色んなことを知っていくと
めんこいと思うと同時に何かもっと複雑な気持ちになります。
sariさんの心に何か触れるものがあったんですね。
何が、どんな風に動き出したのか気になるところですが
私も応援したいと思います!

No title

避妊しないと、どういうことになるか・・・
一人でも多くの人に知って欲しいよね。
たしかに、避妊って聞くと可哀想・・・って思う人もいるだろうけど、放っておいたらもっと多くの子達が可哀想なことになるんだって・・・本当に知って欲しい。

ところで・・・sariさんっ!
何が起こったの~~?すっごい気になる。

No title

こういう現実を直視するのはとても辛いことですが
きちんと真っ直ぐに向き合うことが大切ですね。
何の罪もない猫さんたち・・・
人間の身勝手な行動で尊い命が失われていく。
絶対に許されることではないですよね。

No title

こういう施設に足を運ぶのって、辛いこともあるし、
ずるーっと引き込まれてしまうのではないかっていう不安な気持ちもあるよね。
sariちゃんが気になった三毛のネコちゃん可愛いね。
今回ご縁はなかったけど、幸せになってほしいなぁ。
この子ひょっとして、何かのメッセンジャーだったのかも????

No title

どうするのが一番猫にとっていいのか…
すごく難しいように思うのですが…
片っ端から捕まえて、去勢して、人間が必要な量だけ残すというのは、
やはりわたしは違和感あります。
持ち込まれた子はともかく、捨てられた子をどうして誰が、
タイムリミットのある施設に入れるのか…
そんなに外に猫がいたらいけないかしら。
虎やライオンじゃないし、そっとしておいたらいけないのかな。
一匹の雌猫から始まって…というのは、
全部きちんと育って、また何度も子猫を生んだ場合ですよね。

sariさんは、この三毛猫さんをお家に迎えようと思ったのかな。
そして動き出したものってなんだろう。
もしかして、こういう猫たちを、里親が見つかるまで、預かってあげるとか、かな。
何をなさろうとしているのか、見てます^^

No title

sariはんの中で動き出したコトって何やろね? 気になるなぁ~v-407

シェルターの子たち、ホンマに可愛い顔してはるね。 人間に裏切られたはずやのに、こんなにもsariはんのカメラに真っ直ぐな眼を向けてくれてはる。

なんで、無責任に命を守る事を放棄する人間がおるんやろ。。。
いつもそぉ思いながらも、何も出来ていない自分が歯痒いgankoっす。。。

No title

アメリカも日本も
持ち込む人がいる現状って
変わらないんだなぁ。。
日本もね、たくさんいるものね。
でも丁稚、yukiさんの言いたいこと
とっても分かる気がします。

No title

う~ん、身につまされる問題です。辛い内容も受け止め、『小さな命』を考えていきたいと思ってます。
「捨てるのも人間、救えるのも人間です」もんね^^。

sariさんの行動にエールを送ります♪♪

No title

ああ、みんなかわいなあ・・・。
全員がちゃんと里親に引き取られていけばいいと思うけど
なかなかそんなわけにもいかないし、難しい問題ですよね。
そんな中でsariさんがなにか行動を起こそうとしてるのは立派です。
応援してますよ〜。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

sariさんの中で動き出した何か、詳細は分からなくとも、
みんなが応援したくなるようなことだと分かりますよ!^^
いい報告がいつか聞けますように~。

みんないい家族が見つかるといいですね。
そして、避妊してない猫から増える猫の数に驚きました。
避妊の大切さを訴えるには、こうやって数字で表すのもいい方法ですね。
もっと多くの人がこのことを知ってくれますように。

No title

sariさんの 心が動きだしたんですねi-260
考えて 考えて きっと良い結果が 出ると思いますe-465
こればっかりは 運命だから 今は準備中なんですよe-420
sariさんの 心が通じる様に 応援していますねe-348e-348

No title

やはり、愛護先進の国となると住んでいる人たちの意識も違うのでしょうか・・・
日本と違いオープンに管理センターを開放することや『アニマルポリス』の併設
何度もアニマルプラネットで拝見しましたが、見るたび羨ましく思うのと、我が国が情けなく感じる気持ちでした
日本は意識の低さ、責任のなさ、まして人に丸投げする人の多さ・・・・何をとっても先進の国とは言い難い行いばかりです

これから先次の世代に何が伝えれるのでしょうか・・・何を残してあげれるのでしょうか・・・・
不安しか感じないこの頃ですよ(^^;)

この三毛ちゃん、可愛いですね
どなたかにご縁が決まっていたのですね・・・良かった
こうやってペットショップではなく管理センターから引き取る事、そして、不妊・去勢の義務化が当たり前になってくれればもっと、不幸な子達は減るのでしょうね
sariさんの行動には頭の下がる思いでいつも読ませて頂いています
本当にありがとうございます

No title

sariさんの中で何かが動き出したんですね・・・!
ふふふ、シェルターに一歩足を踏み入れちゃうと
もう引き返せませんよ~(悪魔の誘い)
ニャンズもワンコもみんなかわいいんだけど、
こうした場所に居る子達を見ると胸が痛みますよね。
思わずみんな連れて帰りたくなる衝動に駆られます。
何かが何なのかまだわかりませんが、応援してますよ~!

No title

三毛猫ちゃんが予約済みで、ほっとしたような、がっかりしたような、
というsariさんの気持ち、何だかよくわかります。。
sariさんの中で何かが動き出し、何かが始まったのですね。
何か一大決心的な事でしょうか・・。なんかドキドキしちゃうー。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。