スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子猫が家にやって来た!その6

急展開で子猫を我が家に迎え入れることになった経緯
こちらのアニマルサービスの対応など
記録も兼ねて、記事に残したいと思いマス。   子猫が家にやって来た!



ワタクシの話ですが・・・

年末に体調を崩したこともあり
久しぶりの血液検査などをしてもらったその結果を聞きに
本日、午前中、お医者さんに行ってきました。


011111-1


特に問題なしとの検査結果にほっ~♪

そして午後は・・・

我が家のちびっこ猫、Simba(シンバ)とMisha(ミーシャ)を獣医さんへ・・・


011111-2


むふふ、気がつきましたか???

実は私のお医者さんと動物病院
同じ敷地内なんです~。

診察室で獣医さんを待つ間、落ち着きのないSimbaと
怖くてほとんど動かないMisha。


011111-3


まずは耳ダニの検査。

6年前の我が家の耳ダニ騒動では
毎日、自宅で耳掃除後に耳の中へ薬の滴下を行っていたけれど
今回は2週間前に獣医さんでお薬を耳の中に入れてモミモミしただけ・・・

本当、良いお薬が出来たものです!!!


011111-4


お耳の中はあまりキレイとは言えない状態ですが(特にSimba)
顕微鏡で見てもらった結果、耳ダニはいないようです。ヨカッタ~!

そして3回目の3種混合ワクチンの接種です。

コレについてはネットで調べたり、いろいろ考えたのですが
明日、アニマルサービスで去勢・避妊手術を受けることもあり、お願いすることにしました。

あくまで私が調べて、私なりに理解したことですが・・・
一般的に、生まれたばかりの子猫には母猫からの病気に対する抵抗力が残っています。
この抵抗力のおかげで子猫は病気に感染しないそうです。
しかしこれがあると子猫はワクチンを受けても免疫を作ることが出来ないそうです。
そしてこの抵抗力がなくなる時期というのはその子その子によってバラバラだそうですが
およそ2ヶ月くらいが一つの目安のようです。
まず第1回目のワクチン接種が2ヶ月、しかしその時まだ母猫からの抵抗力が残っていると
このワクチンは無意味なものになってしまいます。
こういった場合、ワクチンを打っていても病気に感染、発病、悪化という可能性があります。
我が家の場合、先住猫、しかも14歳のChicagoがいること。
そしてアニマルサービスのシェルターという、病気を持った子もいる可能性がある所からちびっこが来たこと
また、明日、アニマルサービスに行かなくてはならないことを考え
獣医さんの提案の2週間ごとのワクチン接種をお願いすることにしました。
ワクチンプログラムについては副作用などもあるので
獣医さんとよく相談して、納得して接種したいものですよね。



011111-5


3種混合ワクチンは『FVRCP』と呼ばれているもので
•猫ウイルス性鼻気管炎
•猫カリシウイルス感染症
•猫汎白血球減少症
これらの病気を予防できるそうです。

また今回はこの他に『猫白血病ウィルス感染症』のワクチンも打ってもらいました。

そしてもう一つ・・・

注射針のないシリンジに入った液体を猫の鼻の中へ・・・

ひゃ~!それは何???

『猫伝染性腹膜炎(FIP)』のワクチンだそうです。


011111-6


この病気、今現在治療法のない恐ろしい病気です。
そしてこのワクチンも、日本にはないようです。

もし、このワクチンで恐ろしい病気を防ぐことが出来るのなら
早く日本でも認可されるといいなぁ・・・


突然、鼻に液体を入れられたことはかなりのビックリだったようですが
今日もふたりとも良い子に診察を受けました。

お家に帰ったら・・・


011111-7


ふたりとも疲れちゃったのかな???


011111-8


でも、すぐに・・・

サッカー開始!!!


011111-9


明日のこともあるし、今日はゆっくり休もうね~。

ということで、コレは没収!!!


011111-10


今はふたりとも静かに眠っています。

今夜は9時以降、ゴハンを食べられないのだけれど
きっと欲しがるだろうなぁ~。

そして・・・
こんな小さいのに手術、大丈夫かなぁ・・・と、とても心配なのです。



今日の検査で耳ダニが退治できていたのでホッとしました~。
しかし以前の苦労を思うと、本当に楽になったなぁ・・・

FIPのワクチン、初めての接種(って言うのかな?)でした。
お邪魔させていただくブログなどでも、この恐ろしい病気と戦っている子達もいるので・・・
予防可能ならうれしいことですよね。

今回の通院でも前回と同じくらいの請求額でしたよ~。涙
次の予約はまた2週間後です。オソロシー!
日本でも医療費は病院によって全然違うのかもしれないですね。
こちらの人は受診する前に見積もりを取る人も多いかも?
保険、かかりつけの獣医さんではその場で入れる保険のような仕組みがあり
大きな金額がかかりそうな時はその場で加入、割引してくれます。
(Chicago,Weedyの通院・入院時、利用させてもらいました)
本当に・・・扶養家族として医療費の控除、してくれればいいのに・・・

明日の去勢・避妊手術が心配で
PC前で検索しまくってます・・・




いつも温かなコメント、メッセージ
応援をどうもありがとうございます。

本当に、感謝しています。

きちんとお返事できずに、ごめんなさい。
 



FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
コメント

No title

明日、手術なんですね~
ドキドキしますね・・・でも獣医さんが手術に踏み切れると
判断されたのなら、信じて待つしかないですね。
きっとだいじょうぶですよ。

↓sariさんち、ひっろーい(д)゜゜
猫が縦横無尽に走り回れて楽しそうなおうちだ~(*´∀`*)

No title

FIPはしたことないー。
今度聞いてみよ~っと。
ワクチンがあるならできるだけ予防してあげたいもんね・・・

動物のワクチンの方が案外早く日本でも使えるようになってるかも?
人間のワクチンは日本は遅くて、いまだに後進国並みなんだよ!
信じられないことに・・・。

明日、きっと何もかもうまくいくよ!!
信じて笑うのじゃ~♪

No title

FIPのワクチンもあるの!
私も聞いてみなくちゃ。
苦しんでる仔は沢山いるし、日本でも認可して欲しいよね....
ワクチン打った後でも休憩したら走り回れるって、子猫だね(笑)
一緒にボール追いかけて可愛いな~
明日手術か~
心配だけど大丈夫!

No title

同じ敷地内でいいね~。
って、あれ?そうでもないのか^^;

医療が日々進歩してくれていてありがたいね。
薬も人間が先で、動物はあとになっちゃって・・・
別に一緒でいいじゃんねー

手術は簡単とは言え、心配だよね。
あーちゃんとみっくんの時、同時だったんだけど
1人で部屋に居るのがむちゃんこ怖かったもん・・
一歩大人の階段登る大事な手術だもんね!
がんばれ~!

こんにちは。
おとなしくして待っててくれて(かんねんしてる?)
二人ともお利口さんね♪
ワクチンも手術も、お医者さんがちゃんとしてくれてるから
絶対うまくいきますね。
ゴロンとしたと思ったら、すぐサッカー。
子ネコの元気さには驚かされます(*^_^*)

お疲れ様でした

sariさん、血液検査の結果、特に問題なくてよかったですね。
年末からずっと調子が悪かったので、とても心配してました。
そしてこにゃんずのワクチン接種、お疲れ様でした。
Simbaくん、Mishaちゃんもよく頑張ったね。
あ、でもまだ去勢避妊手術があるのですね。
絶対に安全ではないから、心配になる気持ち、
お察しします。
でも、こればっかりはもう獣医さんを信頼して、
お任せするしかないですよね。
無事に手術が終わるといいなぁ。
その前に絶食か・・・これはかなり大変。
ゴハンの催促にsariさんも堪えなければなりませんものね。
そちらではFIPのワクチンも接種できるんですね。
日本でも認可されれば、FIPで命を落とす子は減るでしょうが・・・
副作用等はどうなのかしら・・・
普通のワクチンでも体調を崩す子も多いから、
なかなか慎重になりますよね。

No title

うちのスモちゃんとモンちゃんがアニマルシェルターからやって来た時もいろいろありましたよ。
ビリちゃんにはおなかに虫がいましたし。
毛もぱさぱさでしたし。
すぐに2匹ともネコインフルエンザにかかったし。
やっぱ集団で置いてるといろんな病気にかかるんだなって思いました。
かかりつけの獣医さんではその場で入れる保険のような仕組みがあり、なんてすげ~。
この辺の商売って人種が人種なだけにみたいな感じで(意味分からなかったらごめんなさい)もう何でも高くて高くて。こんな親切な獣医さんがいるなんてうらやましい。
避妊手術うまくいくと思いますが、うまくいくといいですね。陰ながら祈ってます。

きゃわいいーー。

もう手術なんですねー!
早いような氣もしますが、大丈夫でしょう。
しかし、そちらは流石ですね。病院といえどもトロピカルな感じ。
そして、人間と動物の病院が同じ敷地なんて、これ良いーーっ!
うちのヒナは、一体何才なんだか解らないのですが、避妊手術の痕も無いので、今度サカリが来たら、やった方が良いとボラさんに言われました。先代タバサは、16才で亡くなったのだけど、結局オペはしなかったんです。
ヒナはとりあえず、怪我が治ってから考えますウ。

No title

sariさんの血液検査が問題なくてよかったです♪
人間の病院と動物病院が同じ敷地内にあるなんてチョー便利(笑)
ワクチンの打ち方でも日本とは全然違うんですね。
FIPのワクチンが打てるのは驚き!
日本では防げない病気ですものね。
副作用とかは大丈夫なのかな?
そしていよいよ不妊手術なんですね!
手術ってだけでも心配なのに、まだまだちびっこだから余計…。
でも避けては通れないことだし、獣医さんを信頼してお任せしないとですね。
うちもルークがもう手術してもいい月零なんですけど
手術の予約入れられてないです。
やらなきゃいけないことだけど、どうしても躊躇しちゃって…。
でも手術を機に少し落ち着いてくれることを期待しているので
先住さんのためにも早く予定をいれようと思ってます。
Simbaくん、Mishaちゃん、頑張ってね!
日本から無事終わるよう祈ってます♪

No title

耳ダニ退治、おめでとうございます!
ええ!FIPのワクチンがあるんですか?!
開発されているのなら、日本でも認可して頂きたいです!
副作用の程度にもよるのでしょうが、
人間の薬でも、認可が遅いな・・・ってのがありますもん。
(現在、父が抗がん剤治療をしているもんで。)
効く、防げる可能性のあるものは、チョイスできるといいのに。

明日の手術、無事終了する事を、祈っています!

No title

まずはママ!Sariさん異常なしでよかった!保険料は高いですからね~(苦笑)
そして、ちび達お疲れ様っ!本番は明日だね。。ミーシャちゃんは縫合ありかな?前に書いたかもしれないけど、1ヶ月で避妊手術した友人のにゃん、今でも元気ばりばり!やっぱり心配だけど大丈夫っ!FIPのワクチン気になります。前に一度ググッた時(1年以上昔)は開発だとかまだ、不確実が多いって聞いたんだけど、市販されたということは!詳細わかったらおせーてくださいね!
そうそう、ブツは明朝投函でーーす!

もう手術なんですね。

そちらの方が早い時期にするようですね。
うちも記事にしましたが、風風にヒートが来て
今、少し落ち着いたから18日に予約しました。
女の子は開腹するから、男の子よりも心配です。
Simba君、Mishaちゃん頑張れっ!

FIPのワクチンちょっと
切実に早く認可してほしいな・・・

No title

え!FIPのワクチン、あるのですか。
FIPって、免疫のある動物ほど発症しやすいという理由で、
ワクチンは作れても、接種出来ないのだと思っていました。
予防できたらどんなにいいか…
ワクチン、ちわりも2ヶ月くらいで家に来たので、最初は2回しました。
その後は1年に1回だけど、これは2年に1回でもいいかも…
と思いながら、踏ん切りつかずにいます。
副作用や、年齢的なことも考えると…
去勢手術は、欧米の方が早くからするみたいですね。
でも、ワクチン打ったばかりで…とちょっとびっくりしましたが、
ちゃんと検査して手術に耐えうると、
お医者様が判断しているのでしょうから、大丈夫ですね^^
人と人とが一緒に暮らす時にも、折り合ったり負担を負ったりし合いますが、
人と猫が一緒に暮らす時も、やはりお互い折り合ったり負担を負ったり…
その第一関門を通過するちびさんたち、がんばれ~
無事手術が終わって、早くおいしいごはんが食べられますように☆

sariさん、血液検査の結果、何事もなくて良かったですね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やっとです!

明日手術なんですね
まだ小さく見えますが大丈夫なんですね
無事終わりますように!

sariさんもよかったですね!

No title

明日、Simba君、Mishaちゃんの手術なのですね。
下僕自身が切ったり縫ったりした事がないので、
不妊手術はすごくドキドキした事を覚えてます。
無事に終わっていい経過でありましょうに。
FIPのワクチンがあるのですね。
ワクチンでFIP発症を押さえられたら、
それで苦しんでる猫さんの数が減るかもしれないですね。
アマリカの方が動物医療も進んでますね。
母子感染の病気も治るような特効薬があったらなぁ(;´∀`)

No title

FIPのワクチンもあるのですね~!
早く日本でも許可されれば良いんだけど、
それが日本に入ってきたからといって、
自分の通う病院で使ってくれるかわからないしで、
大変なんですよねえ。
アメ~リカって進んでて良いなあ。
避妊手術・去勢手術はやっぱりドキドキしますよね。
手術の内容自体はよく行われるものであっても、
やっぱり麻酔は100%大丈夫なんて保障ないし、
怖いものは怖いですよね。
SimbaくんMishaちゃん、応援してるよ!頑張ってね!!

ガンバレ~

sariさん 検査結果に異常がなくって良かったですi-260
家事やお仕事 ニャンズちゃんのお世話で 忙しかったから・・・e-275e-275
これからも 無理をしないでくださいねe-2
シンパ君 ミーシャちゃん 耳毛が長~いですねi-236
この耳毛のせんもあってか 一層チャーミングですよe-266
そんな チャーミングなお耳にダニがいなくて よかったですぅ~e-465
集団で居たから いろんな事を想定して 対策するのも良いと思いますi-260
今日は 手術ですねe-304 まだ小さいから心配だけど
絶対 きっと大丈夫e-2 
皆さんが 祈っているし なにより sariさんが付いているんだもんi-260i-239i-260

No title

うちのニャンズも耳ダニにかかった事があるのですが
同じくお耳でモミモミする薬でした。
でもあれってうまくやらないと頭フリフリしてそこら中に
飛びちって大変でした!(笑)
子猫は色々なワクチンと検診があって
逆に人間のお財布が風邪引いちゃいますよね・・・
でもこれもすべてSimbaくんMishaちゃんの健康の為!
もう手術なんですね~!
きっと大丈夫ですよ。特に男の子は簡単ですからね~。
2ニャンとも頑張ってね!

No title

sariさんの検査、異常なしで良かったです~♪
そしてこれから避妊去勢手術なんですね。
手術は簡単なのでしょうがやっぱり心配ですよね。
うちの子(オス)もやった時はドキドキしました。
でも翌日にはケロッとしていたような・・
術後は女の子の方がちょっと大変なのかしら。
ガンバレ~ちびっ子達~!
FIPのワクチンがあるのですね。
日本は何でも認可が遅い気がします。


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。