スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多頭飼い環境での真菌症治療

記録、自分自身の整理も兼ねて、
調べた事や、今までの経過を残しておきたいと思いマス。 
今までのコト → 『おハゲ・皮膚真菌症』



*猫さんたちの年齢、状況、また病気の症状などによって
同じように真菌症と獣医さんで診断されてもそれぞれ対処は違うと思います。
あくまで我が家の場合のお話です。



Chicago(シカゴ)が培養検査にて真菌症との診断を受けてから抗真菌薬の投薬を開始
同時にJerry(ジェリー)も確定はしていないけれど、ハゲ症状ありとのことで薬を同じ薬を投薬。
(Fluconazoleフルコナゾール 50mgの錠剤をを半分に分け、朝晩の投薬)

キズ、かゆみがあった最初の10日間ほどは細菌感染の可能性もありとのことで
抗生剤も併用。(Chicagoのみ)

全く症状のないSimba(シンバ)とMisha(ミーシャ)は薬など服用せず。

抗菌、抗真菌作用のあるマラセブシャンプーにてChicago以外の3匹をシャンプー。
(ミコナゾール、グルコン酸クロルヘキシジン 共に2%配合)

シャンプー記事はコチラ → 

洗濯できるものは洗濯!塩素系漂白剤を使えるものは使用。
(真菌をやっつけるには塩素系漂白剤が効果大きい)
フケや抜け毛などに気をつけて掃除機、コロコロ
塩素系漂白剤を薄めたものを使ってタイル拭き
キッチン、バスルームなど湿気が多いところの掃除を徹底
抗菌作用のあるスプレーを使ってベッド、ソファー、ラグ、
キャットタワー、オモチャなど洗濯できないものの除菌
お天気の良い日は日光で殺菌。
乾燥してる日は窓を開けて換気。(10月までは湿度が異常に高かった)

本当は空気清浄機とスチームモップも欲しいのだけど・・・

と、こんな感じに掃除、洗濯の毎日を送っていました。

しかし・・・・・


111412-1


お気づきだったと思いマスが
Chicagoは隔離などせず自由行動~!


111412-2


多頭飼いだと感染しあう恐れがあるため
隔離してきちんと治療!とおっしゃる獣医さんも多いようですが
私の獣医さんは真菌は特別なものではなく、どこにでもあるもの。
同じ環境で生活をしていて、1匹だけが感染したのなら
その子の免疫力に問題があってのことだろうから、他の子はそんなに心配がないと・・・
ただキズなどがあるとそこから感染する事があるので気をつけるようにとのことでした。


111412-3


Chicagoの感染も高齢、そして良く首周りをカキカキして
キズを作ってしまったからかな・・・

感染したからかゆみがあってのカキカキだったのか、
カキカキによるキズのために感染したのか・・・タマゴガサキカ、ニワトリカ・・・
(イライラしてカキカキしてるようにも見えていました)

免疫力の低下にはストレスも大きく関係あるといいますし
なるべくChicagoがストレスを感じない生活を我が家では最優先しました。


111412-4


ただカキカキ、ケリケリによる引っ掻きキズ防止と
フケ、抜け毛の飛び散り防止のため
バンダナはずっと付けてもらっています。

ありがたいことにChicago自身、バンダナをそんなに気にしていないようです。


111412-5


真菌症との診断を受けたとき
多頭飼いの我が家はいったいどうしたら・・・

と、かなりショックを受けましたが
あれこれネットで検索している中で
『ハゲで死ぬ事はない』みたいな一文を目にして・・・

気持ちが楽になりました。


111412-6


またお掃除が行き届いていなかったのかな・・・と落ち込みもしましたが
真菌はどこにでもあるものです。

清潔だと思われる場所に置いておいた
食べ物だってカビるんですよね~。


111412-7


ただ同居猫さんやニンゲンにもうつる可能性のあるものなのは確かです。
いただいたコメントでも感染した事のある方がたくさんいました。

でも、やっぱり我が家では・・・


111412-8


ニンゲンとも一緒に寝てます・・・


111412-9


洗濯や掃除がちょっと大変ですが
他の猫にもニンゲンたちにも感染はなさそうです~。



4匹全員+ニンゲンたちにまで感染してみんなで病院通いになったらどうしよう・・・
という不安もありましたが、結局Chicagoを隔離することなく過ごしています。
掃除、洗濯、手洗い、着替え等、気をつけてはいますが
普通にChicagoを抱っこしたり、ナデナデしたりもモチロンしてますよ~。
真菌の種類などによっても感染力は違うのでしょうが・・・
ただやはり、免疫力の落ちている時、傷口などがある時は感染の可能性も高くなるようです。

私とSimbaの(?)キャンプデビューにコメント、ありがとうございました。
anemoneさん、わ!氷点下?コチラはまだ最低気温で20度くらあるよ~。
moguさん、そうそう、普通ヒトを襲わないって言うけど…5年位前かな?ヒトがワニに襲われた事もあるのよ~。
ほんなあほなさん、うんうん、まさに焚き火を眺めながら飲むために、またキャンプしたい~!
Abiさん、せっかくお道具があるなら使わなくっちゃ!でも確かに、ぶーん系・・・後日虫刺されが・・・涙
ぬこさん、しっぽの感じなど、まさに!でしょ~。
りんさん、ずるい大人は炊飯器持参で飯盒は使わなかったわ・・・エアーマットは快適だったよ。
やらいちょうさん、公共の公園でこういう設備が整っていて、その収益でまた整備をしてるのでしょうね。
Queen Sashaさん、まだ蚊、いました~!涙 もうちょっと寒かったら寝袋が必要みたい。
alpenkatzeさん、何人かのオトウサンはテントではなく車の中で寝てましたよ。怖かったのかしら?笑
noriさん、星、本当に綺麗だった!流れ星も見ることが出来ましたよ~!
こばぶーさんって雨女???そういえば7月もアヤシイ天気だったね。ジャングル風呂ってなんじゃ???
あみさん、友達のテントなんてワンタッチ?傘のように一瞬で建ってビックリ!ボクシング部の兄ちゃん!笑
ヒトミンチョさん、結構学生時代に経験してる方、多いのですね。いいこ・・・だったかな?
Gaviちゃん、日本にもエバーグレーズが!?カヌーつきテントサイトとか面白いね!
まかないさん、Simba的にはでかいシャカトン気分だったようです。あはは、スティッチ!
ドンタコス下僕さん、地面の固さや冷えを感じなくてエアマット、いいですよ~。
そう・・・猫にはワキもムダ毛じゃないのにね。お手入れ不要なのに・・・
ぷく姐さん、虫・・・蚊やらアリやら結構いたかも~。でも暗いから分からないよ!ってそういう問題じゃない?




いつも温かなコメント、メッセージ
応援をどうもありがとうございます。

本当に、感謝しています。

きちんとお返事できずに、ごめんなさい。
 


FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
コメント

No title

うん、そうそう、ハゲで死ぬことはないわよ。
あるとしたらハゲを苦にしてのノイローゼによる・・・もごもごww
まあ、猫にはそんな心配はないものだいじょうぶよー。
そうそう、問題は傷を作って、感染症になったりしたら、ってことだけよね。
菌なんてどこにでもあるもの。
どんなに気を使ってもなんだっておこるもの~。
気持ちよく過ごすことは最大の薬よね~~。
がんばって楽しくすごすのだ~~♪

No title

それぞれの暮らし安い環境での治療が可能なら、
それが1番、猫にも飼い主さんにとってもいいと思いますよ~。
死に至る病ではないのだから、
気長に治療する覚悟があるのなら、
ストレスは避けたいですもん。
うちも獣医さんには、みこの治療については、
高齢だし免疫力も弱ってるから外に出してはダメと言われたけど、
みこは日向ぼっこが何より大好き。
だから庭での日向ぼっこは自由にさせています。
ムリに室内に閉じ込めたら、
ストレスでもっと悪くなると思うから・・・
真菌の治療、対策、大変だけどsariさんなりにいいと思った方法で、
めげずに治療続けていってくださいね。

No title

にゃんこいっぱいいると、うつるんじゃないか・・・って心配なこともあるよね・・・
でも真菌なら、アタシもはげたって死にゃあしないし!って思うよ(* ̄m ̄)ウフッ 旦那おにいちゃん、うつってゲーハーにならなくってよかったにゃあ!
アタシは真菌じゃないけどさ・・・診てもらってる自然療法系の獣医さん、主に黄砂なんかにのってくるバッチッチ(アタシの場合は特にクラミジアに反応してるみたいなんだって)に体の対処がおいつかなくなって、キャパオーバーでって言うのにゃあ。だからお家も除菌、除菌なんだけど・・・おねえお掃除ヘタだしさー・・・アタシもおねえも化学薬品みたいなのにも反応しちゃうから・・・しょーじき困ってるのにゃあ!スチームクリーナーもフローリングなんかはけばちゃうよね・・・
最近は、にゃんこにも安全だって言われてる成分使ってるクレベリンのゲルおいてるけど・・・カビやウイルス・菌なんかにもきくらしいから真菌にもいいのかなぁ?
まだ使い始めたばっかでわかんないけど・・・
ハゲじゃ死なないけど・・・アタシの場合はお怪我までいっちゃうのが困りものらしいのにゃあ・・・=3ハアッ
お互い早く落ち着くといいね!

No title

それぞれの環境や家構造の事情などもあるから、
そのお宅で決めた方法が一番だと^^
私の知ってる多頭飼いのお宅での真菌も、隔離せずで、
お掃除をかなり頑張り、塗り薬、飲み薬、注射などの治療で、
良くなられましたよ^^
そうそう、禿げても死にゃぁしない^^v
それより、心配で鬱々するより、笑って免疫力UPしたほうがいいと思うもん♪

No title

確かに、ハゲで死ぬことはないもんね(笑)

私も自分にうつったとは言え
もともと皮膚が弱いってのもあるからさ
必ずしも、感染するとは限らないしね~。

sariさん、しばらくお掃除大変だと思うけど
頑張れ☆
でも、案外続けてると、楽しくない?(笑)

No title

すあまのインパクトが強かったせいか
何だかほのぼの感じちゃってましたが(スミマセン・・・)
そうですよね、毎日の消毒・お掃除は本当に大変だと思います。
でも、確かに、「ハゲでは死なぬ!」(笑)
おおらかに、でも出来るだけの事をしていけば
きっとうまく解決していけると思います。
「隔離」だなんて、できませんもんね。

sariさん、ふぁいとでつー!!!

No title

掃除は大変ですが、頑張って根気よく続けてくださいね。私が住むアパートでは、シロアリ、ベッドバグ被害で大変でした。ペストコントロールが来てトリートメントをしたのでおさまりましたが、痒かったなぁ。

4匹と人間様

移ったらどちらの病院にかかるのかな?一緒に動物病院?
以前5匹居た事があったのですが、食事療法とか辛かったです。
食べても良い子と食べちゃいけない子、道理が解ってないだけに可哀相で。閉じ込めて来れないようにすると何とも哀れな声で鳴くし、、、。そうですね、ハゲでは死なない。これを信じて頑張るしかないですね。

No title

そうなんですよね、真菌やその他菌類はどこにでもいる。
コナンも腎不全が発覚した際、常在菌感染も見つかりました。
病気で免疫&抵抗力が落ちてるから、どこにでもいる菌にさえ感染しちゃったの。
でもちゃんと対処すれば命に関わることもないし、治るし、ハゲでは死なない!w
うちももし真菌感染してもsari家のように隔離はしないと思う。
ストレスが治癒力を奪いそうだから。
お掃除やシャンプーは大変でしょうが、必ず治るから頑張ってね。

No title

アナベラの尿道炎もどこにでもある菌だったし、その時の
タイミングや体調次第でどの仔にも可能性があるのよね。
やっぱり神経質にあれもこれも綺麗に消毒しなくちゃって
キィキィしちゃう.....
けど、ちょっとした一言で気が楽になれて良かった。
確かにおハゲでは死なないものね(笑)
隔離する事でChicago君のストレスになっちゃうものね。

No title

人間だってストレスたまると不調になるんだから
デリケートなネコはもっと敏感なハズ。
だからいつもと何も変わらず自由に過ごせる環境
はchicago君が早く治る助けになると思います!
ピンクのバンダナもすごく似合ってるし♪カワイイ~
投薬やお掃除でsariさん大変だけど、きっと
おうちはピカピカなのでは?
疲れちゃったら食べて飲んで頑張って~/

No title

だって隔離してそれがストレスになったら元も子もないもんねー?
人もネコも気負わずゆっくり治していけばいいのだ☆

ミーシャちゃんの寝方がうちのかいたろうにソックリ~♪^^*

うんうん!

Chicago君いいお顔してる
きっと良くなるよ~
これならストレスもたまらず
みんなも無事だね!

No title

そうなのよね、多頭飼いだと病気一つでも種類によっては大変よねえ。
けど、そうなのよ!ハゲで死ぬもんじゃないわ!
ってか、今日のコメント欄に何回『ハゲ』という言葉が出て来てるだろう(笑)
常在菌を恐れて神経質になったところで、
なるときゃなるんだから、出来る範囲で気をつけるってことで良いのよね。

そうですよね、ストレスは万病のもと。
いつもどおりに過ごさせてあげることが大事ですよね。
そこまで掃除、消毒徹底なさってらっしゃるし。
シャンプーは猫さんたちには「ウッ!」だけど(;^_^A
sariさんも、お疲れ出されませんように。

No title

ちわりが感染した時、わたしは東京へ用事で帰っていて、
ナオキが電話で「ちわり円形脱毛症になった!どうしよう」って^^;
きっと皮膚病だからまず病院へ行って~って言ったんです。
その後すぐわたしも帰って、本猫痒がったりはしておらず、
まだわおんが来る前でしたし、もちろん普通に暮らしましたよー^^
手を洗う、掃除などは気をつけたけど、
ニンゲンだけだったのであまり気にしませんでした。
ナオキなど、円形脱毛症≒精神的に何か!…じゃなくてほっとしていました。
sariさんのお家はにゃん数が多いので、事情が違うとは思いますが…
でも、腫瘍などでなくて良かったです^^早く治りますように。

No title

ええー、キャンプ!!すごいーーー。
ワニ!!さすがマイアミ!!

真菌、ボラさんもにんげんも家中に
蔓延しても、治ってますし、それに
それで命に関わったことって聞いたことがないですものね。
大変だけど、ストレスがきっとよくないってことは
一番大切なのかも...おだいじにー!
早く良くなりますように。

No title

人間のピリピリを猫たちも感じとるだろうから
確かにできるだけ自然がいいですよね。
でもワタシならパニくって隔離~!と大騒ぎするかも(汗)
そっか、確かにハゲで死なないもんね。
ストレスフリーで免疫を高めるのが一番なのかな。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。