スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18歳の入院生活

3月28日のChicago(シカゴ)


040915-1


7.5kgあった遠い昔が嘘のように、痩せてはしまいましたが
しっかり自分でゴハンを食べ、お水をゴクゴク。

それが急に・・・

朝、ちょっと食が細いかな?と思い、それでも全く食べないわけでもなく・・・

しかし、いつものマスターベッドルームのベッドの上ではなく
ゲストルームの冷たいバスルームのタイルの上にいる・・・
おかしい・・・ふらついてる?
おしゃべりもしてない???

次の日の朝一番で病院へ。

低体温、明らかに脱水しているとのことで腎機能低下だろうと・・・

3泊4日の静脈点滴入院、即決定でした。


040915-2


検査結果はBUN 140越えて測定不能(15-32)
CRE 13(0.8-1.8)という獣医さんもビックリの恐ろしい数字・・・


3日間の入院で半分の数値になることが
希望に繋がるとの獣医さんのお話。
(そうならない場合は腎臓が全く機能しなくなってしまったということだと思います)


040915-3


入院生活1日目の夕方、ゴハンを食べないと聞いたので
翌日2日目、何でもいいから好きなものを!とお見舞いの品を用意し病院へ。

しかし、ゴハンも自分で食べだしたと聞き
これらは置いてきませんでした。

ちゃんとおしっこも出ているそうで、顔つきも全然違って調子が良くなってる!

入院3日目の今日も様子を見に行ったのですが
呼ぶと側にやってきて、ケージの中をしっかり歩くことも出来ていました。


040915-4


明日の夕方、もう一度血液検査をして退院の予定です。

検査の結果がどうなるかはわからないし
その結果を見て、どう判断するかもまだ分からないけれど・・・

Chicagoはまだまだがんばっちゃってくれると信じてます!!!

世界中からの応援、どうもありがとうございます!!!



明日の今頃はChicagoとおうちにいることができますように!!!
コメント

No title

最後の写真は力のある顔ですね
絶対元気になるよsariさん
まだまだいける今日はおうちでゆっくりできますように
でも高齢なので穏やかにゆっくりのんびり

よかった・・・♪

No title

コナンも再入院の際、BUNは200を軽く超え(測定不能)CRE14まで上がりました。
でも点滴や補液で数値もグッと下がり、ご機嫌ちゃんで過ごせるまでに。
猫本来の強い生命力を信じて人はそのサポートをしてあげるだけ。
あとは99%ポジティブシンキングと1%の祈りがあれば。
今頃おうちでのんびりご機嫌ちゃんに過ごしていると願ってます!

No title

とってもお久しぶりです。
みんな元気で良かった~と思ったらシカゴ君・・
でも回復傾向にあるようなので私も信じてます!!
18歳だもの、お医者通いは増えてしまうかもしれない
けれどシカゴ君もsariさんも頑張って!

No title

入院中に回復してる感じが見られて良かった。
頑張ってお家に帰ろうね!

No title

腎臓でしたか...。
でも治療の効果が出て自分でご飯も食べているんですね。
Chicagoくん、早くおウチに帰っておいで~!

No title

ご飯を自分から食べてくれるようになったんですね!
よかった、これだけで本当に安心しました。
Chicagoくん、おうちに帰ってのんびりできますように!
がんばれ~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。